鍵一覧

合鍵一覧

メーカー検索

注文画面

キーアクセサリー

当ショップの話

検索一覧

送料について

お支払いについて

返品・交換について

配送サービスについて

営業日カレンダー

鍵メーカーの説明

オフィスの合鍵メーカー

金庫・シャッターの合鍵

お問い合わせフォーム

合鍵・スペアキー複製サービス「俺の合鍵」について


合鍵を安心・安全且つ、手軽にネット注文できるサービスを運営しております。
従来の合鍵作成は、店舗に合鍵を持ち込みその場で合鍵を複製します。合鍵を機械でアナログに作るため、合鍵が抜けない・刺さらない・回らないなどのトラブルも多く、最悪の場合は合鍵が原因で鍵穴が破損することもありました。また、昨今の防犯技術の向上によって鍵の構造が複雑化し、町の鍵屋さんでは作ることができない合鍵も増えてきています。そこで当店では、安心・安全・手軽に合鍵を提供するにはどうしたら良いかを真剣に考えた結果、メーカー純正の合鍵をスムーズに配送する仕組みを整え
高品質の合鍵(メーカー純正品)
業界最短の納品スピード
安心・安全の管理体制
インターネット注文による利便性
これらすべての実現が可能となりました。
合鍵を初めてインターネットでご注文される方も安心してご利用いただけると幸いです。

 

WEBで注文

合鍵に刻印されているカギ番号を、商品ページに入力して注文します。
クレジットカード・コンビニ払い等様々なお支払方法がお選びいただけます。

 

FAXで注文

合鍵に刻印されているメーカー名、カギ番号などを本サイトからプリントした注文書に記入しFAXを送ってください。

 

写真を送ってお問い合わせ

お持ちの合鍵の種類が分からない。
自分の合鍵が見つからない。
そんな方はお気軽に合鍵の写真をお送りください。

 

送料について

宅急便コンパクト 550円税込

ネコポス 275円税込

お買い上げ金額合計2500円以上(税込)で送料無料

 

お支払いについて

クレジットカード amazonpay 代金引換 後払い(コンビニなど) 楽天ペイ paypay・キャリア決済

 

返品・交換について

合鍵はオーダーメイド商品のため、返品はお受けできませんので、ご了承ください。

交換につきましては以下の場合のみ承ります。

注文した合鍵と届いた合鍵が異なっている場合

損傷している、汚れている商品

 

配送サービスについて

宅急便コンパクト 対面引き渡し

ネコポス ポスト投函

配達時間指定可能

 

合鍵安心保証

「俺の合鍵」では、安心して合鍵をお作りいただくため、すべての合鍵に安心保証を付帯しています。
※適用にはご注文時の「注文番号」が必要になります

2年保証

注文時の番号間違い、無料で作り直しOK
購入した合鍵が破損してしまっても、再作成無料

駆けつけサービス

万が一購入した合鍵によって鍵穴の破損や鍵詰まりが起きてしまった場合、当日中にスタッフが駆けつけ修理を行います。
※繁忙期など、翌日の対応になってしまう場合もございます
また、購入商品と関係のない鍵トラブルが発生した際でも、5000円割引で出張修理に対応します。

 

 

 

鍵は、物や場所を保護するために用いられる機械的な装置である。鍵は、ピンやディスクなどの異なる機構を使用し、正しい鍵を持っている者だけが開けることができるようになっている。鍵は、ドア、引き出し、ロッカー、自転車、車、銀行の金庫などの様々な場所や物を保護するために使われる。

鍵は、古代エジプトやローマ時代から存在し、当時は木製のピンとビーズで構成されていた。中世になると、鉄が広く使用されるようになり、鍵の機構も進化し、鍵穴に細い針を差し込んで開くピンタンブラー式の鍵が発明された。17世紀には、ディスクタンブラー式の鍵が登場し、19世紀には、レバータンブラー式の鍵が発明された。これらの鍵の機構は、現代の鍵の基礎となっている。

現代の鍵には、さまざまな種類があり、機構や材料も多様化している。最も一般的な鍵は、ピンタンブラー式の鍵である。これは、鍵の刃の上に一定数のピンが並び、ピンが鍵穴に合わさることで鍵が回転する仕組みになっている。また、レバータンブラー式の鍵は、鍵の刃の上に複数のレバーがあり、レバーが適切に配置されることで鍵が回転する仕組みになっている。

最近では、電子的な鍵やスマートロックなどの技術が組み込まれた鍵も登場している。電子的な鍵は、鍵の刃にICチップを内蔵し、読み取り装置で鍵を認識することで開錠する仕組みになっている。スマートロックは、スマートフォンやタブレットなどのデバイスで操作することができ、開錠履歴の確認や鍵を共有することもできる。

鍵は、物や場所を保護するためのセキュリティ上の重要な要素である。しかし、鍵が完全に安全であるわけではなく、鍵穴に細い針を差し込んで開けるロックピッキングや、鍵穴に特殊な工具を使って鍵を開けるバンプキーなど、様々な方法で鍵を開けることができる。また、鍵を紛失したり、盗まれたりすると、鍵を持つ者以外が物や場所にアクセスすることができるため、鍵を管理することもセキュリティ上の重要なポイントである。

鍵の保管方法は、鍵のセキュリティに大きく関わってくる。鍵を紛失したり、盗まれたりしないように、鍵を常に同じ場所に保管することが重要である。鍵の管理は、個人で行う場合もあれば、管理業務を専門に行う業者に委託する場合もある。鍵を管理する業者は、鍵の保管、交換、修理などのサービスを提供しており、鍵のセキュリティを高めるためにも、信頼できる業者を選ぶことが重要である。

鍵のコピーは、鍵を紛失した場合や、鍵を共有する必要がある場合に便利である。しかし、鍵のコピーは、鍵を持っていない者が物や場所にアクセスすることを可能にするため、セキュリティ上のリスクがある。そのため、鍵のコピーは、鍵を管理する者の判断によって行う必要がある。また、コピー鍵を作る場合は、信頼できる業者に依頼することが重要である。

鍵は、物や場所を保護するための機械的な装置である。鍵の歴史は古く、現代の鍵には、ピンタンブラー式の鍵やレバータンブラー式の鍵など、多様な種類がある。鍵のセキュリティは重要であり、鍵の保管方法やコピー鍵の取り扱いには注意が必要である。また、最近では電子的な鍵も増え、スマートロックなどの高度な技術を備えた鍵も開発されている。スマートロックは、スマートフォンやパスワードなどで鍵を解除することができるため、従来の鍵に比べて便利である。しかし、スマートロックもハッキングやバグによる不具合のリスクがあるため、適切な設定や管理が必要である。

鍵は、物や場所を保護するための重要な装置である。鍵の種類やセキュリティについての知識を持ち、適切に管理することが、セキュリティを確保するために必要なことである。